活動・イベント

1月18日(土)、おおつ環境塾2019講座7「省エネと再エネのすすめ」を歌川学氏(産業技術総合研究所 主任研究員)を講師にお招きして実施しました。

近年の地球温暖化の進行で生態系、健康への影響が大きく、また異常気象による災害が頻発しています。これに対処して気温の上昇を抑えるにはどうすればよいかについて、さまざまな観点から具体的なお話をお聴きすることができました。

 令和2年1月18日(土)、おおつ環境塾2019講座7「省エネと再エネのすすめ」を、歌川学氏(産業技術総合研究所 主任研究員)をお招きし実施しました。近年、地球温暖化の進行で生態系、健康への影響が大きく、また異常気象による災害が頻発しています。気温上昇を1.5℃に抑制するには、世界のCO2排出量を2030年45%削減(2010年比)、2050年ゼロにする必要があり、対策を強化する動きがみられています。滋賀県も「2050年にCO2排出量ゼロ」を目標としました。滋賀県ではCO2排出量の約半分が産業(主に製造業)、大津市は産業、業務、家庭、運輸に排出が分散されています。そのための具体的な対策とは!家庭では、断熱住宅と省エネ機器の普及(更新時に確実に省エネのものを選ぶ)。再生可能エネルギー利用(電気、熱)も進めましょう。2050年を目指し、今から対策を!地域では優良省エネ技術の普及を推進し、再生可能エネルギーの利用を進める。自動車は電気自動車で再エネ利用。地域の目標を設定し(滋賀県はCO2排出量ゼロ)、専門的な相談窓口を作り、情報提供をする。自治体施設は、省エネ、再エネ模範例となるよう、民間がまねをするように、率先して省エネ施設にする。市民は、家庭の省エネを確実に実践し、地域の対策に関心を持ち、対策提案し、地域全体の省エネ化、再エネ化を推進していくことが期待されています。30年後の未来、ゼロエミッションの社会を実現させましょう。

小規模事業者(電気代月3~10万円程度)のみなさまを対象に、「すぐに」「大きな」経済効果が期待できるエネルギーの節約方法を具体的に詳しく解説します。太陽光発電など再生可能エネルギーの導入事例についても紹介します。講座終了後、個別相談に応じます(事前連絡のあった方を優先します)。

日時:2月18日(火)14時~16時
場所:明日都浜大津ふれあいプラザ5階中会議室
定員:30人(申込多数のときは抽選)
参加費:無料

申し込みは、2月13日(木)までに電話またはFAX、Eメール(「事業者の省再エネ」参加希望、個別相談の場合は相談概要、氏名(ふりがな)、郵便番号、住所、電話番号を書いて)で大津市地球温暖化防止活動推進センター
TEL: 077-526-7545  FAX: 077-526-7581  E-mail: info@otsu.ondanka.net

自治会等地域で実施した「ごみ減量」や「家庭における省エネ・創エネ」の実態調査の結果を持ち寄り、更なる温暖化防止のために地域で取り組めることについて意見交換し、今後について考えます。

  • 日時:2月15日()14時~16時
  • 場所:明日都浜大津ふれあいプラザ4階視聴覚室
  • 内容:(1)アンケートの結果について(報告)
      (2)今後の取り組みについて
      自治会等地域の関心事を参考に次のテーマに分かれてグループで意見交換します

    • ①ごみ(生ごみ・プラスチックごみ)を減らし資源として活用する
    • ②家庭で電気を「創り・蓄え・かしこく使う」
    • ③未来をひらくエネルギー・水素を活用する
  • 定員:30人(申込多数のときは抽選)
  • 参加費:無料

申し込みは、(2)の参加希望テーマを選んで(第2希望まで)、大津市地球温暖化防止活動推進センター
TEL: 077-526-7545  FAX: 077-526-7581  E-mail: info@otsu.ondanka.net

この事業は、2019年度環境省二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金事業として実施します。

大津市地球温暖化防止活動推進センターの指定を受けている特定非営利活動法人おおつ環境フォーラム(および法人内に事務局を置く「みんなで、大津」)が同じく特定非営利活動法人滋賀環境カウンセラー協会と共催で、11月23日(土)午後、明日都浜大津ふれあいプラザ大会議室においてSDGsセミナーを開催しました。

全体を2部に分け、第1部では藤田アニコーさん(循環型社会創造研究所えこら代表)の指導で「カードゲームで知る、SDGsとは」を体験しました。持続可能な社会の存続を目指すSDGsは社会・経済・環境の調和した取り組みを重視しており、 参加者はゲームを楽しみながら調和のとれた社会づくりの難しさを学びました。

第2部は環境問題の中でも近年話題となっているプラスチック問題をテーマに選び6班に分かれてワークショップを行ないました。ワークショップに先立ち滋賀県琵琶湖保全再生課の奥田さんからびわ湖のマイクロプラスチックの状況などのプレゼンもあり、時間いっぱいワークショップでは活発な意見が出ていました。


SDGsセミナー報告はこちら

最近の猛暑や集中豪雨など地球温暖化の影響が出始めているのではないかといわれます。異常気象のこれ以上の進行を止めるため、省エネルギーや再生可能エネルギーの普及など、わたしたちにできることを学びます。

  • 日時:令和2年1月18日() 14時~16時
  • 場所:明日都浜大津ふれあいプラザ
  • 講師:歌川 学氏(産業技術総合研究所)
  • 定員:30人(申込多数のときは抽選)
  • 参加費:無料

申込み:令和2月1月8日(水)までに電話またはFAX、Eメール、(「省エネと再エネ」参加希望、氏名(ふりがな)、郵便番号、住所、電話番号を書いて)で大津市地球温暖化防止活動推進センター
TEL: 077-526-7545  FAX: 077-526-7581  E-mail: info@otsu.ondanka.net

11月24日()イオンスタイル大津京4階のイベントコーナーにおいて環境省二酸化炭素排出抑制対策事業の一環として宅配を1回で受け取ろうキャンペーンの記念事業を開催しました。留守のため配達に来た荷物が受け取れず再配達になるケースが少なからずあります。皆さんもご経験のあるところです。

再配達に伴って余計なCO₂の排出につながります。なるべく再配達にならないよう1回で受け取ろうという意識を高めていくためのイベントでした。再配達を減らす工夫も提案されました。イベントの内容は次のとおりです。

①来店者へキャンペーン実施の啓発チラシ配布(キャンペーン期間は12月末まで)

②なぜキャンペーン実施が必要かを理解していただくために、温暖化の進行状況とその結果として多発している異常気象の状況を知らせるパネル展示

③宅配を「1回で受け取る」ための工夫の提案(ヤマト宅急便が実施しているLINE利用による受取日時変更などの手順の説明、留守でも荷物を置いて帰れる受取用専用袋OKIPPAの現物展示など)

④来店者が足をとめてくれるようにミニライブ演奏とトーク(出演は熊野義也さん)

11月22日(金)おおつ市民環境塾2019後期の講座6として、エコ料理教室~エコで得して楽しく食べよう~を平野公民館調理室において開催しました。

最初に買い物時の注意、洗い水の節約、ムダを出さない調理法などのエコな料理の方法について説明があり受講者一同、エコ料理に取り組む心の準備を整えました。

今回のメニューは、海苔巻風サンドイッチ、ヨウルトルットゥ、豆腐のかぶら蒸し、カブの葉とじゃこの和え物など美味しそう。その後、4班に分かれて調理実習、試食を楽しみました。

ヨウルトルットゥ

 令和元年11月22日(金)、エコ料理教室を実施しました。 最初に買い物時の注意、洗い水の節約、無駄を出さない調理法などのエコポイントをポスターにより説明しました。 お楽しみの本日のメニューは、、、 海苔巻風サンドイッチ、ヨウルトルットゥ、豆腐のかぶら蒸し、カブの葉とじゃこの和え物! さあ、4班に分かれて調理実習です。 美味しそうですね!華やかなお料理が出来上がりました。 そして、班ごとに試食。 さて、試食中も学習です。 エコライフデーのチェックシートや家庭の省エネ簡易診断の要点を解説いたしました。 学んだエコポイントを生かしてお家でもお料理してくださいね。

11月16日()滋賀トヨペットウエルコム栗東様のご協力により、2019年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金事業(環境省)として「これからの、エコな車の選び方」を実施しました。最初に、講師の本居正晃氏(滋賀トヨペット)にご講演いただきました。いわゆるエコカーと総称されるPHV(プラグインハイブリッド車)、FCV(燃料電池車)、EV(電気自動車)について学びました。

講義の後、3種の車の試乗体験を行ないました。地球温暖化防止の視点、自分のライフスタイルの視点から参加者は興味を持って「エコカー」への理解を深めることができました。

 11月16日(土)、2019年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金事業(環境省)として「これからの、エコな車の選び方」を実施しました。会場は、滋賀トヨペットウエルコム栗東(栗東市大橋七丁目3-17)様にお世話になりました。最初に、講師の本居正晃氏(滋賀トヨペット)にご講演いただきました。代表的な車種としてプラグインハイブリッド車、燃料電池自動車、電気自動車について、それぞれの特徴、環境への配慮、コストメリット等各自のライフスタイルに合った車選びの参考になるお話をしていただきました。説明を受けた後、実際に乗車してみました。写真手前から奥に向かって、プラグインハイブリッド車、1人乗り電気自動車、燃料電池車と並んでいます。みなさん、ご希望の車種に試乗されました。その後、プラグインハイブリッド車の蓄電池を利用していれたお茶をいただき、燃料電池車のモータールームを開けて見せていただきました。試乗も出来、車を前に説明もしていただき、良く理解できました。また、これからの車社会は、CO2削減に向けてどのように変わっていくのだろうと関心が深まりました。

11月2日()、おおつ市民環境塾2019後期講座5の生ごみ堆肥化についての学習をしました。

最初に大津市廃棄物減量推進課の永山詳憲さんから大津市におけるごみ排出の現況について説明がありました。市民が出すごみ量は減少してきましたが、課題は資源ごみの分別です。これをもっとしっかり実施すれば最終処分のごみは減らせます。

次に株式会社EM研究所の山岡宏光さんから生ごみの堆肥化の方法とそれに関する知識を学びました。最後に、おおつ環境フォーラム生ごみプロジェクトのメンバーが堆肥化資材を使って実演を披露し、参加者の皆さんの関心を集めていました。

 令和元年11月2日(土)、おおつ市民環境塾「生ごみ堆肥化に学ぶ」を実施しました。 最初の講師は、大津市廃棄物減量推進課 永山 詳憲 氏です。 大津市のごみ量は年間約10万トン、その処理経費は約40億円。 ごみ量は平成25年から11,000トンも減らしてきたのだそうです。それでもまた10万トンもあるんですね。 その中に含まれる「資源ごみ」をしっかり分別すれば、まだまだ減らせる! そして、34%もある生ごみをは水分をしっかり絞る、堆肥化してごみに出さない、などすれば、もっともっと減らせる! 次に、山岡 宏光 氏 (株式会社EM研究所 営業課広報係長)から、生ごみをたい肥化する方法を学びました。 生ごみにボカシを混ぜて発酵させ、堆肥化する方法です。微生物が生ごみを発酵分解したものを土に戻すと微生物の働きでふかふかの良い土になるそうです。 最後に生ごみ堆肥化資材を作ってみました。 10ℓのもみ殻と10ℓの糠にEMを混ぜて、10ℓの容器に戻します。あら不思議!10ℓ+10ℓ=10ℓ? ちゃんと10ℓの容器の納まりました。 これを水切りした生ごみにかけたり混ぜたりして使います。 後は畑やプランターの土に混ぜて一ヵ月程熟成させれば大丈夫。美味しい野菜を作りましょう。そして生ごみも減らせて一石二鳥!

10月27日()おおつ市民環境塾講座4「ムダの排除とCO₂削減」が開講されました。講師は、おおつ環境フォーラムの河原林氏。産業革命以降地球の平均気温が上昇し、近年その傾向が加速されています。化石燃料の利用による二酸化炭素などの温室効果ガスの増加が原因といわれています。それでは、これをストップするにはどうすればよいでしょうか。

従来いわれている3R(発生抑制、再利用、再生利用)にもう一つRefuse(発生回避)を加えて4Rで考えることが重要です。

日常生活において、CO₂の排出を減らすためにどうすればよいかを学ぶことができました。

 令和元年10月27日(日)、おおつ市民環境塾講座4「ムダの排除とCO2削減」を実施しました。講師は、河原林晋氏(家庭の省エネエキスパート・うちエコ診断士、滋賀県地球温暖化防止活動推進員、KES主幹審査員)。19世紀末以降平均気温が上昇し、近年その傾向が加速し、致命的な影響が出かねない状況にあります。化石燃料の利用による二酸化炭素をはじめとする温室効果ガスの増加が原因です。そこで、「地球温暖化を少しでも減らすために私たちはどうすればよいのか」についてご講演いただきました。

10月20日()、前日は雨で順延となりましたが「里の日」②を開催しました。この講座は、5月18日の第1回目で植えたさつまいもの収穫体験講座です。

この5か月の間に育って大きくなったさつまいもがたくさん収穫できました。採れたお芋で焼き芋とカレーラィスをつくり楽しくいただきました。自然の恵みを実感することができた講座でした。

 10月20日(日)、前日は雨だったため順延した「里の日」②を開催しました。スタッフは8:30に集合し、テントを立て焼き芋用の焚火を準備しました。

10月5日()、大津市雄琴のオーパルオプテックス株式会社、湖岸で開催しました。

好天に恵まれ朝早くから多くの参加者が集まり、会社スタッフの皆さんのご指導のもと、A・B2班に分かれて交代で2つの事業を体験しました。カヌー体験と外来魚調べ体験です。また小さな子どもたちは貝探しを体験することができました。

 10月5日(土)、大津市雄琴のオーパルオプテックス株式会社、湖岸で実施しました。心配していた台風も早めに通過し、好天に恵まれ、朝早くから多くの参加者が集まりました。

留守などのために宅配の荷物が1回で受け取れず再配達になる比 率が約15%になる(国の調査)といわれます。再配達になればそれだけCO₂の排出が増えます。荷物を送る側も受取る側も一度で済ませるように気配りすることで温暖化防止に役立つことができます。

大津市地球温暖化防止活動推進センターでは、お歳暮やクリスマスの贈り物で宅配が増える季節を迎え、次のとおりキャンペーンを実施します。

  • キャンペーン実施期間:令和元年10月~12月の間
  • キャンペーン記念事業:
  • 開催日時:11月24日(日)12時~15時
  • 場所:イオンスタイル大津京4階イベントコーナー
  • 内容:①なぜ、キャンペーンが必要か~温暖化と気候変動の現状(パネル展示)
    ②宅配「1回で受け取る」ための工夫(会場で提案)
    ③お楽しみミニライブ(ギター演奏・歌とトーク)

問い合わせ:大津市地球温暖化防止活動推進センター

環境にやさしい調理法で、クリスマスやお正月の楽しい集まりに使っていただける海苔巻き風サンドやパイなど4品をつくります。~エコで得して楽しく食べよう~

  • 日時:11月22日(金)10時~13時
  • 場所:平野公民館
  • 定員:15人(申込多数のときは抽選)
  • 参加費:500円

申込み:11月11日(月)までに電話またはFAX、Eメール、(「エコ料理教室」参加希望、氏名(ふりがな)、郵便番号、住所、電話番号を書いて)で大津市地球温暖化防止活動推進センター
TEL: 077-526-7545  FAX: 077-526-7581  E-mail: info@otsu.ondanka.net

今回のお知らせは後期4回分です。講座5については開催日が近づいていましたので先にお知らせしましたが、再度掲載します。市民の多くの皆さんが環境に関心を持ち、身近な生活の中での工夫により、少しでも無駄をなくし、地球温暖化防止に寄与することができるように、必要な知識を学ぶ機会です。

お誘いあわせご参加ください。参加費は講座6については食材費として500円必要ですが、他の講座は無料で、いくつでも応募できます(ただし申込み多数の時、抽選になる場合があります)。

講座番号 開催日時 場所・定員 講座名 申込期限
5 11月2日()
13:30~16:30時
明日都浜大津5F ふれあいプラザ大会議室
定員:30名
講演と実演
「生ごみ堆肥化に学ぶ」
10月21日
6 11月22日(金)
10:00~13:00
平野公民館2F調理室・会議室
定員:15名
エコ料理教室
「エコで得して楽しく食べよう」
11月11日
7 1月18日()
14:00~16:00
明日都浜大津4階 ふれあいプラザ視聴覚室
定員:30名
講演
「省エネと再エネのすすめ」
1月8日
8 2月29日()
10:309~12:30
雄琴菜の花畑
定員:25名
講演
「菜の花まつり食べよう菜の花」
2月17日

申込・問い合わせ:
メール・FAXまたは電話で、氏名(ふりがな)、郵便番号、住所、電話番号、申込む講座の番号を下記まで。

大津市地球温暖化防止活動推進センター
TEL: 077-526-7545  FAX: 077-526-7581  E-mail: info@otsu.ondanka.net

(各講座の詳細・参加申込書は添付チラシの裏面にありますのでご利用ください)