月のアーカイブ: 9月 2018

国民運動「COOL CHOICE」を更に推進

2018/09/25

国が目標とする2030年度の温室効果ガス排出削減目標26%(2013年比)を達成するためには、家庭・業務部門でそれぞれ約40%、運輸部門で約30%の削減が必要とされています。 既に、環境大臣をチーム長とした「COOL C […]

平成30年度「省エネ・節電診断事業」を実施します

2018/09/18

大津市センターでは、事業所における省エネ・節電を推進するために無料で診断を実施します。この度、診断希望募集の案内チラシをつくりました。 省エネ成功事例も掲載しています。センターでは診断後に改善提案も行ないます。地球温暖化 […]

ドイツで「燃料電池で動く電車」実用化

2018/09/18

水素ネルギーを使った、二酸化炭素を排出しない燃料電池で動く電車が世界で初めて実用化され、ドイツで営業運転が始まることになりました。 電車には水素を充填したタンクが取り付けられ、この水素と空気中の酸素から電気を起こすもので […]

「脱化石燃料」への動き加速か

2018/09/18

温暖化を防止し気候変動リスクを軽減するために、化石燃料から脱皮して再生可能エネルギーの普及を図ろうという動きは世界各地で起こっていますが、環境に良くない影響を及ぼす企業活動に対して、投融資を減らそう(投資撤退=ダイベスト […]

11月3日(土・祝)「大津市環境情報合同交流会2018」を開催します

2018/09/11

同日12:30~16:20まで、ピアザ淡海2階会議室にて、基調講演・テーマディスカッション・パネル展示から構成する会合で、市民・企業・環境団体・大学・行政が集まり、環境について情報を交換します。 持続可能な社会への国連目 […]

「ごみの分別と生ごみ堆肥化の活用事例で、ごみ減量を学ぶ」を開催しま す

2018/09/11

ごみ減量につながる分別の方法やリサイクルの現状をわかりやすく説明します。また、生ごみは有用な有機肥料になり、農地や花壇で使うと土壌改良にも有効です。北陸EM普及協会指導員中野孝氏のお話を聞き、生ごみ堆肥化土壌改良資材EM […]

環境省が「生分解性プラ」の開発・普及を支援

2018/09/03

プラスチックごみによる海洋汚染が問題となっている中、環境省は地中で分解される「生分解性プラスチック」を使った製品の開発・普及事業を支援することになった。トウモロコシやサトウキビ等の植物を原料として使用し、地中で微生物によ […]

「おおつ環境未来人」育成講座(全9回)を開催します

2018/09/03

10月27日から来年1月26日の間9回にわたり連続講座を開催します。この講座開催の目的は、持続可能な温暖化防止対策を進めるためには未来を担う環境人材を育てることが不可欠であり、人材発掘の「きっかけ」をつくるために開催する […]